OfficePress.net

COUNTIF|範囲内の条件に一致する要素の個数

- スポンサーリンク -

構文

範囲内で条件に一致する要素の個数を返します。

COUNTIF(範囲, 条件)
  • 範囲:条件の検証対象となる範囲です。
  • 条件:範囲に適用するパターンまたはテストです。
    • 範囲に検証対象のテキストが含まれる場合、条件には文字列を指定する必要があります。条件には ? などのワイルドカードを使用してすべての 1 文字を検索したり、* のワイルドカードを使用してゼロ以上の連続文字を検索することができます。通常の文字として疑問符やアスタリスクを検索するには、文字の前にチルダ(~)を追加します(例: ~?、~*)。文字列の条件は、二重引用符で囲む必要があります。こうすると、範囲内の各セルについて条件と等しいかどうか(ワイルドカードを使用した場合は一致するか)が検証されます。
    • 範囲に検証対象の数値が含まれる場合、条件には文字列か数値のどちらも指定できます。数値を指定すると、範囲内の各セルについて条件と等しいかどうかが検証されます。文字列を指定する場合は、条件には数値を含む文字列(等しいかどうかも検証)、または =、>、>=、<、<= のいずれかの演算子を先頭に付けた数値を指定できます。これらの演算子を付けた数値を指定した場合、それぞれ、範囲セルが条件の値と等しいか、条件の値より大きいか、条件の値以上か、条件の値より小さいか、条件の値以下かが検証されます。

問題

spread_countif_qes

サンプルファイル

仕入額が10000円以上の業者の数を求める。

回答

spread_countif_wzd

  1. セル「C11」を選択状態にする。
  2. 「=countif」と入力し「Enter」。
  3. 範囲には、検証する対象でるセル範囲「C3:C9」と入力。
  4. 条件には、検証する対象となる数値演算子でる「”>10000″」と入力し「Enter」。

結果

spread_countif_rlt

ご覧のとおりです。

COUNTIF 関数は、1 つの条件に基づいてのみカウントできます。
複数の条件を使用するには、COUNTIFS / DCOUNT / DCOUNTA を使用。

- スポンサーリンク -