OfficePress.net

PERMUT|順列の組合せの数を求める

- スポンサーリンク -

構文

特定のサイズの標本の集まりからいくつかの標本を選択するときの、順序を考慮した組み合わせの数を返します。

PERMUT(n, k)
  • n:選択元の標本の数です。
  • k:選択する標本の数です。

問題

spread_permut_qes

サンプルファイル

各総数から選択した数抜き取るときの組合せの数を求める。

回答

spread_permut_wzd

  1. セル「D3」を選択状態にする。
  2. 「=permut」と入力し「Enter」。
  3. nには、選択元となる総数がるセル「B3」と入力。
  4. kには、抜き取る数のあるセル「C3」と入力し「Enter」。

結果

spread_permut_rlt

ご覧のとおりです。

※標準的な組み合わせ論関数で、通常 nPk と記述されます。

- スポンサーリンク -