Libre Office

無料で利用可能!オフラインでもOK!

LibleOfficeは信頼性も高く世界の公的機関でも利用されているらしい・・・

フランス政府、ブラジル政府、デンマーク運輸省、オランダ防衛省、イタリア防衛省、イギリス政府、台湾政府、
福島県会津若松市役所、埼玉県久喜市役所、滋賀県甲賀市役所、静岡県湖西市役所、愛知県豊明市役所、徳島県庁

- スポンサーリンク -

PERMUT|順列の組合せの数を求める

- スポンサーリンク -

構文

n 個のものから r 個取る順列の総数を返します

PERMUT(標本数n; 抜き取り数r)

  • 標本数n:要素の総数。
  • 抜き取り数r:一組に含まれる要素の数。

問題

サンプルファイルGoogleDreiveで表示されます。ダウンロードし、Calcで開いてください。

各総数から抜取数分とるときの組合せの数を求める。

回答

  1. セル「D3」を選択状態にする。
  2. 「挿入」-「関数」で関数ウィザードを表示させる。
  3. 分類項目「統計」、関数「PERMUT」を選択」。
  4. n には、選択元となる総数がるセルB3と入力。
  5. r には、抜き取る数のあるセルC3と入力し「OK」。

結果

※標準的な組み合わせ論関数で、通常 nPk と記述されます。

- スポンサーリンク -
管理人:@officepress32
当サイトの情報に間違いがあっても一切責任はとりませんよ。
ただし、ご指摘・ご意見は受け付けております。
Copyright 2008-2018 OfficePress.net All right reserved.
lift up! house!