OfficePress.net

SUMPRODUCT|2つの配列の要素の積の合計

- スポンサーリンク -

構文

引数として指定した配列の対応する要素間の積をまず計算し、さらにその和を返します。

SUMPRODUCT(配列1, [配列2], …)
  • 配列1:計算の対象となる要素を含む最初の配列引数を指定します。
  • [配列2]:計算の対象となる要素を含む配列引数を指定します。引数は 2 ~ 255 個まで指定できます。

※[引数]は、引数を省略可。

問題

excel_sumproduct_qes

サンプルファイルGoogleDreiveで表示されます。ダウンロードし、Excelで開いてください。

売り上げた商品の仕入原価の合計を求める。

回答

excel_sumproduct_wzd

  1. セル「F9」を選択状態にする。
  2. アドレスバー横の関数(fx)マークをクリック、又は「Shift」+「F3」。
  3. 関数の分類「数学/三角」、関数「SUBPRODUCT」を選択し「OK」。
  4. 配列1には、販売個数のあるセル範囲「C3:C8」と入力。
  5. 配列2には、金額一覧のあるセル範囲「D3:D8」と入力。
  6. 配列3には、掛率一覧のあるセル範囲「E3:E8」と入力し「OK」。

結果

excel_sumproduct_rlt

ご覧のとおりです。

- スポンサーリンク -